読みもの

おいしいものと空間を味わう

2022.07.16更新 /

居心地の良さは、園になる全てのものが作る。

大阪市阿倍野区阪南町、文化財の古い蔵を改修したお店で昼食を取った時にそのことを改めて思いました。

お店に入った時、席を選べるとしたらどんなふうに選びますか。

この時は、1階厨房の前に据えられたカウンター席の奥を選びました。
重厚な鉄の両開窓が開け放されていて、そこから入る光が奥にあるテーブルあたりを明るく映し出していました。

そこからは庭の緑と、その奥にある母屋が見えます。
しばらくすると美しく盛り付けられた料理が出てきます。

R0005488
食前の冷製クリームスープと自家製パンの相性は最高です。
農家から直送しているという無農薬野菜を使ったサラダは野菜の味が身体全体に浸み渡るよう。

この店は発酵が織り成す料理とパンとお酒が楽しめる料理店。
甘酒のドレッシング、西京焼き、マスカルポーネチーズなど、発酵が生む味の魅力をマスターの腕が昇華させた料理を味わうことができます。

何をする時も、僕たちは空間や場所を感じています。
雰囲気ということばで表現し、感じているものにはどんなものが含まれているのか、おいしい料理をいただきながら考察してみるのも面白いと思いますよ。

発酵ルパン
大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-50-23
T06-7222-0139
月曜定休