すまいユニットのこと

変化を受け入れる、動く空間づくり

maruでは、ほぼワンルームにした空間に「すまいユニット」と名付けた、床置きの箱によって間取りを構成します。
それによって大掛かりなリフォーム工事をすることなく、自分で間取りを変えられるので、子どもの成長や暮らしの変化に対応することができます。大人2人が押せば動かすことができますので、季節毎に間取りを変えるなんていうことも可能です。また、各ユニットを1つずつから販売していますので、簡単に増設できます。





unit_frame_1unit_frame_2unit_frame_3unit_frame_4

すまいユニット:フレーム

すまいユニットの中で、一番大きく空間構成をするのが、このフレームです。フレームという名のとおり、木材で枠を構成した立方体です。動く小部屋といいましょうか。全ての辺に溝が切ってあるので、障子や板戸で壁をつくることができます。布でゆるく仕切るのも、おすすめの方法です。標準では、3畳半タイプと4畳半タイプを1つずつ置いています。




unit_oshiire_1

すまいユニット:押入れ

maruでは、空間の有効利用という面から、ベッドより布団をおすすめしています。ベッドだとどうしても、その空間は寝室にしか使えないのですが、布団だとリビングの一部にもなり、来客があれば食事も可能、そして夜は寝室にとかなりフレキシブルに使えます。布団だと収納のための押入れが必須です。maruでは標準で押入れユニットを2つ用意しています。これで家族5人分の布団と、大物季節家電(扇風機やストーブ)、キャンプ用品やスノーボードまで意外と沢山入ります。
また、すまいユニットの重要な機能「可動間仕切り」としても働きます。その様子は模型でわかるmaruをご覧下さい。
オプションで、ふすまやロールスクリーンをつけることも可能です。お好みのふすま紙でふすまを作ったり、お好きな布でカーテンや暖簾のようにするのもきれいです。




unit_closet_1unit_closet_2unit_closet_3

すまいユニット:クローゼット

衣類収納と「可動間仕切り」の機能を持たせた、すまいユニットのクローゼット。大体、ユニット1つで大人2人分の衣類が入ります(これは個人差が大きいですが)。
上部に棚、その下にハンガーバーが付いています。棚の高さが変えられますので、何を収納するかで調節が可能です。また、このユニットは側面に釘やビスを使ってアレンジすることが出来ます。既製品だとビスが効かなかったり、後で穴が目立ったりするので、なかなか出来ないのです。





模型でわかるmaru

mokei0

ここでは、maruでリノベーションを行った場合の標準的な間取りである広いワンルームの空間に、
「すまいユニット」を並べてさまざまな暮らしの変化に対応できることを、「ちびっこのいる子育て家庭」「成長した子どもと共に」「夫婦ふたりで暮らす」の3つに分けて模型を使って説明します。





組み合わせ例1 … ちびっこのいる子育て家庭


mokei1

子どもがちいさいときは、家族みんながつながれるように。
成長に合わせて子どものスペースを作っていきます。



mokei1-1

みんなで寝るためにふたつのフレームをくっつけて配置。起きているときは遊び場にも。建具や仕切りが開いたり閉めたりできるのでぐるぐる回れる部屋になり、子どもたちは喜んで遊びます。いろんなところから出たり入ったりできるのは大人だって楽しいと思いませんか。



mokei1-2

クローゼットタイプのすまいユニットをふたつ向かい合わせに置けば、みんなで使うウォークインクローゼットに。





組み合わせ例2 … 成長した子どもと共に


mokei2

自分だけの場所を、それぞれに。
限られた空間でも、位置を動かせるすまいユニットなら、机に合わせて小部屋を作ったり仕切る素材を工夫すること(例えば布にちょっと手を入れてカーテンのように仕切る、ロールスクリーンで仕切る、建具を入れる)で光や開放の度合いを調節することができます。



mokei2-1

夫婦にも、それぞれ自分だけの場所を。
フレームに建具を入れたり、押入れタイプやクローゼットタイプのすまいユニットの配置を工夫して小さな空間を作ることもできます。



mokei2-2

子どもの場所をどんなレベルで仕切るかは、考え方次第で。
すまいユニットを利用して間仕切りにすることも簡単です。



mokei2-3

この場合は間仕切と収納を一緒にした家具を想定してみました。このようなちょっとした家具もデザインして作ることが
できます。





組み合わせ例3 … 夫婦ふたりで暮らす


mokei3

個室に使えるすまいユニットのフレームはひとつにして、フレームの外の一室的な空間をついたてやすまいユニットで緩やかに仕切る。
元々開放的なつくりのmaruも、ふたり住まいだとより大胆に、いろいろな仕切り方を工夫して居場所をふたつみっつとこしらえることができます。



玄関まわりに広めのオープンスペースをとって、趣味の空間に。
自転車を置いたりメンテナンスする場所にしたり、作業台やミシンをおいて裁縫室にしたり、DIYの作業場にしたり。
maruのモデルルームでは、このスペースを事務所として使っています。



unit

畳のすまいユニットは、普段は個室として。
来客時には、お客さまの寝室にしても。
四方に襖を立て込めば、茶室のような雰囲気も楽しめます。