maruの一日




2014年秋、僕たちが暮らすmaruモデルルームでの暮らしを、Webサイトで紹介するための撮影が行われました。
お願いしたのはご自身のお子さんをテーマに写真を撮り続けられている大阪の写真家、濱田英明さん。
一日を通した家族の様子を撮影して頂きました。

数カ月後、すま研には新しい家族が増え、この写真たちは僕たちにとっても大切な記録になりました。



濱田英明
写真家

1977年、兵庫県淡路島生まれ。大阪在住。2012年9月、35歳でデザイナーからフリーのフォトグラファーに転身。2012年12月、写真集『Haru and Mina』を台湾で出版。『KINFOLK』(アメリカ)、『FRAME』(オランダ)や『THE BIG ISSUE TAIWAN』(台湾)などの海外雑誌ほか、国内でも雑誌、広告など幅広く活動中。2014年10月写真集「ハルとミナ」(Libro Arte刊)を出版。「瀬戸内国際芸術祭 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト」公式フォトグラファー。http://hideakihamada.com