仕様・素材・設備


仕様のこと


Rafuの仕様

リンクをクリックすると、該当する素材・設備の説明にスクロールします。


素材
床:木の床オイルフィニッシュ
天井・壁:塗装又は紙クロス張り
玄関土間:モルタルの土間
すまいユニット:木・合板

すまいユニット
3畳 × 1
4.5畳 × 1
押入れ × 2
クローゼット × 2
→すまいユニットのこと


設備
キッチン:大工さんが現場で作る調理台と吊戸棚
トイレ:ごく普通の便器
浴室:ユニットバス
洗面台:既製品をシンプルに壁付けで使う。
照明:ライティングレールとスポットライト、他
給湯器:既存のものを利用(耐用年数により取り替えが必要です。)
床の遮音について:マンション管理規約を守る遮音性能を持つ二重床


素材のこと


ごく単純だけれど大切な、3つのことを中心に考えました。

1、見て 触って 気持ちのいい素材であること
2、長く使うことで味わいを増す素材であること
3、後々のメンテナンスに充分対応できるように、できるだけ一般的な素材であること



  • sozai01

    床:木の床

    いつも肌に触れる場所だから、肌触りのよさを大切に。一般的なフローリングと違い塗膜面を作らないので足裏にぺタッとはりつくような感覚と冷たさがなくなります。

  • sozai07

    床:オイルフィニッシュ

    木の床に保護と撥水のための仕上げをします。子どもと一緒に塗れるほど、安全で塗りやすいものを使います。

  • sozai02

    天井・壁

    コンクリートに直接しっくい塗料塗りで仕上げた壁。
    塗装下地クロスもおすすめです。天然の紙を素材とした壁紙で通気性や透湿性にすぐれ、
    優しい風合いです。7~8回程度の塗り重ねが可能で、長期間張替え不要です。



  • sozai04

    玄関:モルタルの土間

    小石を散らしたモルタルの土間。

  • sozai09

    造り付け家具

    洗面所やトイレには、シンプルな棚を用意しています。
    扉をつけなくても籠や箱を使えばすっきり収納できます。


  • sozai10-1 sozai10-2

    すまいユニット

    自由に動かせるすまいユニット。一般的には下地材として使われる構造用合板を使っています。すまいユニットについてはこちらで詳しく紹介しています。

  • sozai08

    畳(すまいユニット)

    断熱時として使われているスタイロフォームを芯材にした畳です。
    昔ながらの稲わら畳もあります。





設備のこと


一般に、キッチン・洗面台・お風呂などの住宅設備の寿命は10年といわれています。
といっても壊れるのではなく、10年経てば古く感じて陳腐化してしまうという意味あいが強いです。あまりの短さに悲しくなります。「ふつうに長く使えるもの」がいいですね。



kitchen_1kitchen_2kitchen_3kitchen_4kitchen_5kitchen_6kitchen_7

キッチン

キッチンは、すまいの中で一番楽しい場所ではないでしょうか。おいしいものができて、いい匂いがしてみんなが集まってくる。みんなで楽しめるオープンなキッチン。収納もオープンが基本ですが、食器が落ちてくると危ないので、吊り棚は扉付きです。



  • sozai43_senmen

    洗面台

    壁付けのシンプルな洗面器です。バケツが使えるように普通よりちょっと深めになっていてるものを選んでいます。

  • sozai41_yokushitsu

    浴室

    コストを抑えるのであれば水廻りの位置は変えないでおくのがおすすめです。お風呂を更新する場合は元と同じ大きさのユニットバスに交換します。

  • sozai39

    トイレ

    水廻りの位置は変えないとしても、便器はお好みのものを選ぶことができます。もちろん、清掃して使うという選択肢もあります。



  • sozai49_hikidosozai49_2

    引戸

    扉のスイングが邪魔にならない引戸がおすすめです。

  • sozai45_shomei

    照明

    間取り変更に対応できるように、自由にライトを動かせるライティングレールを中心に使っています。

  • sozai57_netsugen

    給湯器

    給湯器は状態を見て取り換えが必要かどうか判断します。



  • sozai37sozai37_2

    長押(なげし)

    いろんなものを引っ掛けて使います。来客時のコート、壁時計、カレンダー、しゅろやはたきなどの生活道具から、絵、布、掛け軸などの飾りまで工夫次第で楽しく使えます。

  • sozai48_garari

    sozai47_2.jpg

    通風ガラリ戸

    玄関ドアを通風できるようにすると、風の通りがよくなります。
    写真はペーパーコードを編んだ生地を網戸代わりに使った引戸。

  • sozai59_shoji

    障子

    窓辺のしつらいで部屋の印象は大きく変わります。柔らかい光が部屋に広がる障子。




見えないけれど大事なところ


間取りや仕上げは目に見えるのでわかりやすいですが、見えないところにかかる費用も多いものです。
工事が始まってからわかる想定外のこともあります。そういったことも考慮しながら、なるべく無駄がなく、フレキシブルに対応できる作り方や仕様を考えました。
そして、暮らしは工事が完成してから始まります。
リノベーションの素材であるマンションについても選ぶ前にしっかり見極めたいものです。


  • sozai12

    床の遮音性能

    マンションの管理規約で定められている遮音性能を確保する二重床を作ります。


  • sozai14

    風通し

    風通しは風の出口と入口が大事です。
    1、室内の壁を少なくし風通しをよくする/2、玄関に通風ガラリ戸を設置する/3、マンションを選ぶ際に窓の位置や方角を確認する。

  • sozai15

    エコロジー

    環境問題は子どもや孫のことを考えると、抜き差しならない問題です。新築ではなく中古をリノベーションするのは、エコロジーな選択です。本当はリノベーションもしないで、そのまま使うのが一番エコロジー!でも、すまいが人生に与える影響も大きい。そこで、できるだけ環境に配慮したリノベーションを心掛けましょう。
    建築業界は建材の生産や輸送、廃棄物の多さという点で環境負荷の大きな業界です。
    材料や作り方を考える時には、なるべく環境負荷の低いものを選ぶことが重要です。

  • sozai16

    マンションの管理状況

    中古マンションを購入する際には、かならず修繕積立金の残高や長期修繕の履歴と修繕計画を確認しましょう。物件によって、かなりばらつきがあります。
    また、建物周辺の様子や、窓からの景色、共用部分の様子も確認しましょう。現在の状況が確認できるのは、中古の利点でもあると思います。