読みもの

阪急西宮ガーデンズの直通デッキが寂しい。

2017.11.02更新 /

すま研の事務所がある芦屋の隣町、西宮市の阪急西宮北口駅に降りると、
駅の出口に直結して、地上2階の髙さにデッキがあり、
そのまま阪急西宮ガーデンズという大きな商業施設につながります。
IMG_7808
地元のまちの頭上を通り越して駅と巨大施設がつながり、
人でにぎわうデッキの上から見下ろすと、閑散とした地上の通りが見えます。
IMG_7813
これは結構乱暴な作り方だと思うんですよね。

いろいろあるのが、街の魅力です。
雨に濡れない庇のかかる歩道や、木々がのびのびと枝をのばす並木道、
おとなも子供も楽しめるポケットパークや車の通らない散策路。
表通りから裏通りに入れば、いろんな建物やお店があって、
寄り道したりしながら、自分好みの店を見つけたりする。

「ひとつの建物の中で買い物が完結する」
便利さと引き換えに、街が分断されて寂しい構造になっちゃった。

「雨で濡れずに西宮ガーデンズにいける」
「階段を上り下りせずに西宮ガーデンズにいける」

このデッキは、やっぱり阪急ガーデンズ視点ですよね。
西宮北口の周辺をいい街にしようという気概が感じられないもの。

そこで物申すのが行政の街づくり目線!であってほしかったけれど。。


デッキの下で思い出すのは高速道路の下の空間です。
広々とした土の上に点々とゾウ、パンダ、ラッコの遊具が置かれている。
背の髙ーい金網。てっぺんにはトゲ付き針金。
見上げれば高速道路の裏側が見える。
雨宿りのつもりで入っても吹き降りで濡れちゃって寒かったなー。

ここを考えた人に愛はなかったんやろうなって思いましたよ。
そんな寒々したスペースでも、一応"公園"なんですよね。

日本の街の公園ってもうちょっと頑張ってほしい。
大人が憩うスペースとして考えられてないですよね。

街路樹の切り方も雑すぎてコブだらけになってる。
いつか本で読んだポール・スミザーさんの本に
「考えなしに切るとコブができて目も当てられなくなる」とありました。


いろんなとこでね、愛が足りてないんですかね。