読みもの

エアコンを畳数で選んだらオーバースペック説

2024.07.09更新 /

エアコンの設置場所を想定し、電源や下地などを用意しておいて本体はクライアントが購入する場合がある。
その場合、部屋の大きさからエアコンを選ぶとオーバースペックになる。

今回をエアコンを設置するのは部屋は鉄骨造、2階建ての2階に作った45㎡の部屋だ。
畳数で言えば28畳だ。畳数で選ぶと家庭用で一番パワーのあるクラスになる。
例えば、29畳用、冷房能力9.0kw、暖房能力10.6kw、低温時暖房能力9.4kw、ネット調べ価格が約40万円だ。

では必要能力を計算で出すとどのくらいなるかというと、冷房能力が4.7kw以上、低温時暖房能力3.5kw以上となる。
この能力を持つ機種のネット調べ価格は約12万円だった。
ずいぶん違う。

さて、いったい何を計算するか。
建物に出入りする熱量を計算する。

建物には主に木造、鉄骨、鉄筋コンクリートがある。
同じ広さでも建物によってスペックが違う。
具体的には断熱がどの程度か、窓ガラスの種類、窓が多い少ない、天井が高い、吹抜けがある、建っている場所の違いなどだ。
スペックによって入ってくる熱と出ていく熱の量が違うので、その量を算出して必要なエアコンの能力を決める。

例えば夏、窓からは太陽の光が入ってきて部屋を暑くする。
窓が大きいほど入ってくる熱量は多い。
窓の方角によって日射熱の量が違うので係数で調整する。
ガラスの種類や庇のありなし、日射を遮るルーバーやブラインドがあればその遮蔽効果も考慮して計算する。
それらを考慮して、外気温33度の時に室内気温を25度にする場合に必要な仕事量(ワット)を計算する。

熱は屋根や壁からも入ってくる。
いい断熱材がたくさん入っていればそれだけ外から入ってくる熱は少なく温まった空気も冷めにくい。

冬も夏と同じ要領で計算する。
例えば外が0度の時、部屋を23度にしたいとする。その差23度。
温度差で比べると夏より冬のほうがしんどいが冬の場合、日射熱はエアコンにとって助っ人となる。

今ちょうどやってる南丹市はけっこう雪も降って気温も低い日が多い。
そういった地域差も計算の中で調整する。

IMG_1478
そうしてはじき出した数字で選んだエアコンは面積から選んだものよりたいがい低い冷暖房能力のものでことたりてしまうのだ。

メーカーや販売店はでかいエアコンが売れる方がいい。
「畳数を基本に選んで、さらにワンランク上の機種を選ぶと安心です」などと言ってみたりする。
そこにたいした根拠は無い。

ちなみにエアコンの畳数の基準は1960年代の木造住宅を基準にして決められたものらしい。
60年以上前の木造住宅と言えば断熱材はなく、今と比べ物にならないくらい隙間も多い。
その基準を今も知らん顔して使っている。

おかしいやろー!









コンテンツ

読みもの

物件探しサポート

新築やリノベーションのための土地や物件探しを、すま研と㈱建築家不動産がお手伝いします。

  • 物件探しサポートプラン
  • 物件ごとにラフプランを作りながら、仲介手数料や設計料もお得にサポートいたします。

    お気軽にお問合せ下さい

    お問い合わせ

    すまい研究室一級建築士事務所

    <大阪事務所>
    〒545‐0011 大阪市阿倍野区昭和町1-2-15 あべのながや六 内
    TEL 06-6654-3288
    <芦屋事務所>
    〒659-0024 兵庫県芦屋市南宮町18-18
    TEL 0797-22-2666
    メールフォームはこちら
    不在の場合がありますのでご来所の際は事前にご連絡下さい。

    Copyrignt © Sumai Laboratory Architects. All Rights Reserved.