読みもの

手のひら大の家を等身大の家へ

2021.01.28更新 /

敷地にほぼ一階分の段差がある敷地に建つ家のプランづくりです。

紙の上でぼんやりと建物ができてきたところで小さな模型を作ってみました。

DSC_0134web
始めの段階で作るラフな模型では、敷地に対する納まりを検討します。
どんな感じで建つのか。

ここはこうしたほうがいいんじゃないか。
もう少しこうならないか。

いろいろと考えるべきことを見つけてまた紙の上にもどります。

いきつもどりつ。
手のひら大から等身大へと向かっていきます。