Q&A


20141027_IMG_7792_HH
maruについてのよくあるご質問をまとめました。
その他のご質問がありましたら、お問い合わせからご連絡ください。

Q1:せっかくのリノベーションだから、定型はつまらないと思っているのですが。
A1:すま研では、すまいの土台となる部分はシンプルな方がよいと考えています。
家具やファブリックなどで、雰囲気はかなり違ってきますし、好みは時代や年齢によっても変わるもの。シンプルな方がむしろ可能性が広がるという考え方をご提案しています。
また、maruは「すまいユニット」で間取りを変えられるので、さまざまな暮らしに対応することができるバリエーションがあります。

Q2:定型だと全く変更できる部分がないのですか。例えば洗面台など選びたい部分もあるのですが。
A2:洗面台や浴室などの住宅設備機器は、ご希望があれば変更できます(差額の調整は必要です)。
詳しくは「料金・スケジュール」をご覧ください。
変更したい箇所がかなり多くなる場合は、maruではなく一般のリノベーション設計をおすすめする場合もあります。

Q3:風通しの良い家は理想ですが、エアコンをどうしても使いたい日もあります。
そんな時、maruだと光熱費が心配です。
A3:maruはワンルームに近いプランになるので、そのままだと全館冷暖房することになります。
部分的に、という場合はカーテンレールとカーテンを使ったり、すまいユニット(可動家具)と暖簾(のれん)を使って間仕切りが出来ます。モデルルームである我が家では、ほぼ全館冷暖房です。光熱費など詳しくは「モデルルームの光熱費を計算してみました(製作中)」をご覧下さい。

Q4:「可動間仕切り」という言葉がよく出てきますが、どんなものかピンと来ません。
また、それは自分で用意しないといけないのですか。
A4:カーテン・パーテーション・ついたて・衣げた・屏風(びょうぶ)・など、バリエーションは色々あります。
一番イメージしやすい可動間仕切りは、やはり「ついたて」です。例えば、書斎スペースとLDKの間に使うと落ち着いた空間になります。基本的には、住み手の方が好みに応じて置いて下さい。ご要望があれば、すま研で選んだり作成したり致します。

Q5:施工後にアフターメンテナンスを受けられるのか心配です。
A5:工事内容の不具合は誠意を持って対応致します。完成1年後には、1年点検を実施します。
それ以外でも気になることや、ご相談がありましたら、いつでもご連絡下さい。

Q6:マンションの物件選びは、どのくらいサポートしてもらえますか。
A6:必ずチェックすべき項目は、ご相談の段階でお伝えします。(管理状況の確認・築年数・構造など)
マンション購入前に同行できるかどうかは、エリアによって違ってきます。
いろいろなケースが考えられますので、一度ご相談ください。

Q7:マンションを購入したものの、maruのプランに対応できなかった!という可能性はありますか。
A7:最も一般的なマンションの間取りに合うリノベーションがmaruですが、対応出来ないケースはあります。
ですので、購入前にご相談ください。また、maruの考え方を活かした通常のリノベーション設計もご提案致しますので、こちらもご相談下さい。


Q8:住宅ローンを利用してマンションを購入する予定です。
maruのリノベーションにかかる費用も、住宅ローンを利用できますか。
A8:銀行にもよりますが、住宅ローンで一本化できるケースが増えています。
その条件として、マンション購入費用にローンを付ける時点でリノベーションの見積りが出ている必要がありますので、仕様が一定で見積りが早く取れるmaruはその面で有利です。
タイミングが大切ですので、早めのご相談をお願いします。

Q9:標準料金への追加費用がどれくらいかかるのか、心配です。
A9:オプションのご希望がなくても、物件の既存の状態によっては追加費用が必要になることがあります。
料金・スケジュール」のページをご参考にお願いします。解体してみないと、はっきりとは申し上げられないところもあるのですが、解体前の調査で大まかにはお伝えできます。検討されている物件の資料等があれば分かることもありますので、一度ご相談下さい。