事例集

室田さんのすまい(2016) -「動かせる部屋」と「動かせる収納」で部屋をつくる-

2016.08.02更新 /

納品|2016年
場所|東京都世田谷区
用途|個人住宅(マンション)
工事種別|家具工事
構造|鉄筋コンクリート造
規模|専有面積 約63㎡

築48年の東京都世田谷区のマンションへ、maruでご紹介している「動かせる部屋」と「動かせる収納」を納品しました。

置くだけで部屋ができる。すまい研究室の「動かせる部屋」
IMG_9281 web
東京都世田谷区のマンションにお住まいのMさん。
roomieで特集されていた、すまい研究室のマンションリノベーションmaruを見て、ご相談くださいました。
*roomie特集記事 建築家の自宅がモデルルーム?長く住むコツ教えてください #かしこい都会の家

当初は、フルリノベーションを考えていましたが、お住まいのマンションが建て替えを実行する可能性が出てきたため、「動かせる部屋」と「動かせる収納」を使い、空間をつくる方法を選びました。

before:リビングの延長として使われていた空間でした
IMG_5902 web
今回「動かせる部屋」と「動かせる収納」を設置したのは、ソファの奥に見えるリビングの延長として使われていた空間です。
ここに、あらかじめ工場で作ってきた「動かせる部屋」と「動かせる収納」の部材を搬入して組み立てます。
壁や床を張り替えたりする工事はありません。大きな家具を”置く”という感覚です。

建具を閉めると個室になります。
IMG_9224 web
建具は板戸や襖、障子など様々。選ぶ建具によって雰囲気を変えることができます。
今回Mさんが選んだのは板戸と襖。襖紙は2種類を使いわけました。

ファブリックで仕切る方法もあります
20141027_IMG_7461_HH web
こちらはmaruモデルルームの写真です。全部建具にしないで布をタペストリーのように掛けています。

Mさん一家の「動かせる部屋」は、昼間はみんなの畳スペースとして。カルタしたりごろごろしたり。
夜はまだ小さい2人のお子さんとお母さんが寝るための部屋として使います。
子供が大きくなって来たら、「動かせる部屋」と「動かせる収納」を動かし、子供のスペースを広げる予定だそうです。

2つの「動かせる収納」は、2人の子どものためにそれぞれ1つづつ
IMG_9237 web
右のふすまを開けた方はお姉ちゃん用の収納、左側は妹、というように、2人のお子さんが使うことを考えて「動かせる収納」を設置しています。

IMG_9175 web 「動かせる収納」には扉がなく、「動かせる部屋」とくっつけて押入れのように使います。
家具の裏側が見せる仕上げになっていないものも大いですが、すまい研究室の「動かせる収納」は裏面だからと手を抜きません。だから衝立のように空間を仕切る道具として使うこともできます。2枚の棚板は上下に動かすことができ、一枚には裏側にパイプハンガーがついています。

「動かせる収納」は子どもが大好き
20141027_IMG_0164_HH web
これはmaruモデルルームの写真です。
「動かせる収納」は子どもたちに大人気。我が家でも格好の遊び場として使われています。中に入って登ったり、天板に登ってロフトのように楽しんだり。

「動かせる部屋」を置くことの一番のメリットは自分で間取りを変えられること
IMG_9188
建具や畳を取り外し「動かせる部屋」をフレームだけにした状態です。
大人2人で押して、移動させることができます。
Mさん宅で、これからどんなふうに動かされ、どんな空間がつくられていくのか、とても楽しみです。

もともとのカーテンや壁紙との相性もいい感じです
IMG_9233 web

組み立て、設置したときの様子をブログに書いています。
記事はコチラ

すまい研究室は、関西|大阪、西宮、芦屋、神戸を中心に活動していますが、Mさんのように東京やその他の地域でもお引き受けできる場合がありますので、一度ご相談ください。